« 中烏健二(なかがらすけんじ) | メインページへ | 本間雅晴(本間雅勝 »

野口雨情

「旅の民謡」より
○芒ァ穂に立つ
 裾野は秋よ
 富士は今年も
 山仕舞
  (富士の裾野にて)
○山にや霧立つ
 霧ァ雲となる
 雲も重なりや
 雨となる


「富士の白雪」
○富士の白雪
 お日和つづき
○一つ眺めて
 見ませうかな
○藪でなくのは
 藪鶯か
○春の日永を
 藪でなく
○富士の白雪
 いつとけるやら
○一つ眺めて
 見ませうかな


「龍ヶ崎小唄」より
○富士はなつかし筑波はいとし
 どちら向くにも身は一つ
 困りましたよ私はちょいと
  (モダン龍ヶ崎アリントアリントサ)

※()内は囃子ことば


「足利節」より
○前は渡良瀬 織姫さまは
 遠く富士さへ ひと眺め


「木更津ばやし」より
○上総木更津 飛行場が出来て
 こひし東京の チョイト空護る
  (富士の白雪ア 解けそで解けない)
  (木更津港と チョイト 差し向ひ)

※()内は囃子ことば


「一橋をどりの歌」より
○寒い風だよ富士山颪
 山にや雪でも 降るのやら
  (一橋 一橋 一橋サ)
  (自由の鐘は カカンカカンと)
  (一橋 一橋 一橋サ)

※()内は囃子ことば


「富士八景小唄」
○相州江の島 (トコ ヤンヤノサ) 涼しいはずよ
 富士とまともに 富士とまともに 差し向ひ
  (来たか常夏 夏こそ富士よ)
  (富士の白雪ア玉の肌 トコ ヤンヤノサ)
○箱根芦の湖 玉なす水に
 富士は慕ふて 富士は慕ふて 影うつす
○夏の御殿場 裾野の流れ
 富士のそよ風 富士のそよ風 そよそよと
○沼津千本浜 松の葉の上に
 富士はちらちら 富士はちらちら 見えかくれ
○田子の浦から 虹たつころは
 富士に横雲 富士に横雲 雨の脚
○興津清見潟 後ふり向けば
 富士は真上に 富士は真上に のしかかる
○三保の松原 曇らば曇れ
 富士の眺めに 富士の眺めに 変りやない
○吉田吉田と 夏吹く風は
 富士の雪斛(ゆきげ)の 富士の雪斛の 送り風

※()内は囃子ことば


「甲州音頭」より
○富士は東に アリヤ 御嶽は西に
 音頭とるなら まん中に
    ヨイトナ ヤレヨイトナ
 音頭とるなら まん中に
    スツチヨコ スツチヨン スツチヨンナ
    ヤーレ スツチヨン スツチヨンチヨン

○最早や火祭り アリヤ もう山じまひ
 お富士やこれから ひとりぽち
    ヨイトナ ヤレヨイトナ
 お富士やこれから ひとりぽち
    スツチヨコ スツチヨン スツチヨンナ
    ヤーレ スツチヨン スツチヨンチヨン

○富士は五つの アリヤ 鏡の湖に
 朝な夕なの 薄化粧
    ヨイトナ ヤレヨイトナ
 朝な夕なの 薄化粧
    スツチヨコ スツチヨン スツチヨンナ
    ヤーレ スツチヨン スツチヨンチヨン

※1,6,8番抜粋